レンタルサーバーの種類

サーバー

レンタルサーバーには、大きく分けて次の3種類があります。

共用サーバー

1台のサーバーを複数で共有して利用する形態。

費用が分割されるため低価格で利用できます。

最も一般的なレンタルサーバーで、初心者の方にも使いやすいように、管理画面やマニュアルなどが整備されてます。

自由度はある程度制限されますが、よほどの特殊要件でない限り問題ありません。個人ユースでは、ほとんどが共用サーバーを利用されてます。

人気の共用サーバーをピックアップしておきます。参考にどうぞ。

専用サーバー

1台のサーバーを独占して利用する形態。

他のユーザーの影響を受けないため、安定したパフォーマンスを保つことができ、また、カスタマイズも自由にできます。

但し、使用料金が大変高く専門的な知識も必要となります。

そのため、個人で利用している人は、ほとんどおられないと思います。

VPS(仮想専用)サーバー

共用サーバを、仮想化技術であたかも専用サーバーのように提供するサービス。

専用サーバーのような自由度を持ちながら、共有サーバーのような低価格で利用できる、まさに"いいとこ取り"のレンタルサーバーです。

但し、専門的な知識が必要となります。

人気のVPSサーバーをピックアップしておきます。参考にどうぞ。


このページの先頭へ