Moba8.net(モバハチネット)

Moba8.netは、2017年8月31日をもって、サービス終了となります。

国内最大級ASP「A8.net」の会社が運営する、スマートフォン向け広告「Moba8.net(モバハチネット)」。

Moba8.netの特徴や、アフィリエイターへの特典、報酬の受取り方を紹介します。

Moba8.net(モバハチネット)の特徴

Moba8.net(モバハチネット)は、国内最大級ASP「A8.net」の株式会社ファンコミュニケーションズが運営するスマートフォン向けのアフィリエイトサービス。

スマホアプリのインストールや、ファッション関係など、スマホで成果を上げやすい広告がたくさん揃っています。

管理画面

A8ネットに比べて、シンプルでスッキリした管理画面は、使い勝手の良い構成になっています。

モバハチネットのトップ画面

充実のレポート

レポート機能も充実しており、様々な角度から見ることができます。

また、A8ネット同様の未確定速報もあります。

取り扱い広告

モバハチで取り扱う広告は、成果報酬型の広告になります。

A8ネットと何が違うの?と思いますが、モバハチ最大の特徴は、スマホで成果の上がりやすい広告が豊富なことにあります。

スマホで成果の上がりやすい広告

成果報酬型の広告で、特にスマホで成果を上げやすいモノと言えば、例えば、次のような広告ジャンルが考えられます。

  • iPhone/Androidのスマホアプリのインストール広告
  • ファッション関係の広告
  • 電子書籍・動画・チケット関係の広告

モバハチでは、A8ネットにはない、スマホユーザーをターゲットにした広告が非常に充実しています。

高解像度バナー

また、高精細/Retinaディスプレイに対応した、高解像度のバナーも整っています。

↓のように従来のバナーと比べると一目瞭然ですが、画像のきめ細かさが全然違います。

高解像度バナー

バナーイメージ=サービス品質と捉えられるので、解像度の高さはコンバージョン率にも関わる重要な要素です。

スマホ向けクリック報酬型の広告

スマートフォン向けでクリック報酬型の広告であれば、他にも同社が運営する「nend(ネンド)」があります。

こちらはスクリプトコードを貼り付けておくと、最適な広告を自動配信してくれるもので、広告数も国内トップクラスを誇ります。

⇛ nend(ネンド)

自己アフィリエイトでキャッシュバック

自己アフィリエイト

広告によっては、自分自身で商品購入やサービス申込みを行っても報酬が貰える、自己アフィリエイトOKのものがあります。

セルフバック」という自己アフィリエイト向けの広告紹介ページでは、提携申請の必要がなく、直接、商品の購入・サービス申込みができます。

自己アフィリエイトは、アフィリエイターの特権。ネット通販での買い物や各種申込みがお得になるので、使わない理由がありません。

報酬の受取り方

A8.netで獲得した報酬は、銀行への現金振込みで受け取ることができます。

報酬の支払い方式は次の3つから選ぶことができます。

  • 1,000円支払方式:確定報酬額1,000円以上になるまで繰り越し
  • 5,000円支払方式:確定報酬額5,000円以上になるまで繰り越し
  • キャリー・オーバー方式:支払申込をするまで全額繰り越し

報酬の振込先銀行と手数料

報酬の振込先には、全国の銀行を指定することができ、振込手数料は次のようになります。

振込先銀行振込手数料
ゆうちょ銀行30円
三井住友銀行 渋谷駅前支店3万円未満:108円
3万円以上:216円
三井住友銀行 渋谷駅前支店以外3万円未満:216円
3万円以上:432円
楽天銀行3万円未満:540円
3万円以上:756円
住信SBIネット銀行
ジャパンネット銀行
その他銀行

ゆうちょ銀行、三井住友銀行の口座があればいいのですが、ない場合は手数料が割と高めなので、キャリー・オーバー方式である程度纏まってから受取るなど工夫した方が良いと思います。

また、複数のASPを利用している場合は、各ASPからの振込手数料をまとめて比較しているので、コチラも参考にどうぞ。

⇛ アフィリエイト報酬の受取りにオススメのネット銀行

Moba8.net(モバハチネット)の詳細・無料登録

おすすめ度
取扱広告 マイナー〜メジャー広告まで幅広く、広告数は多い
自己アフィリエイト セルフバック
報酬支払サイクル 承認月の翌々月15日払い
最低支払額 1,000円
運営会社 株式会社ファンコミュニケーションズ(東証一部
参加団体 日本アフィリエイト・サービス協会(JASK)アフィリエイトマーケティング協会

他のアフィリエイトASPもチェック

アフィリエイト・プログラムのタイプ別にASPを紹介します。


このページの先頭へ