スマホ広告の種類(オーバーレイ/インライン)

スマートフォン向け広告には、オーバーレイ広告とインライン広告があります。

それらの違いについて解説します。

インライン広告

一般的なスマホ向け広告で、コンテンツの中に表示される広告です。

インライン広告

  • タグを貼った場所に表示されます
  • 広告を表示させる場所にタグを埋め込みます(一般的なPC向けと同じ)
  • 貼り付けることができる広告枠の数は、1ページに複数可能です

オーバーレイ広告

ブラウザの上に重なるようにして表示される広告です。

オーバーレイ広告

  • タグを貼った場所に関わりなく、常時画面の上か下に表示されます
  • タグはヘッダー内に埋め込むことが一般的です
  • 貼り付けることができる広告枠の数は1ページに1つだけです

オーバーレイ広告は常に画面に表示されるために目立つのですが、強調し過ぎにより閲覧者に嫌われてしまう場合もあるかと思います。


このページの先頭へ