検索向けアドセンスで強力なサイト内検索を設置・同時に収益も得る

グーグルアドセンス

検索向けアドセンスを使うことで、サイトに強力なサイト内検索を導入することができます。

そして同時に、収益を得ることも可能になります。

高性能で、収入にも繋がるサイト内検索

検索向けアドセンスは、Google AdSenseの広告の一種です。

デザインや検索対象などをカスタマイズした「Googleカスタム検索」をサイトに設置でき、その検索結果に表示される広告がクリックされると、アドセンス報酬を得ることができます。

検索向けアドセンス

↑は、当サイトのヘッダー右上に設置している「Googleカスタム検索」で、検索した結果です。

検索結果の上部に表示されているのが、アドセンス広告になっており、これがクリックされるとクリック報酬が発生します。

検索結果に表示された広告はクリックされやすい

また、検索向けアドセンスの広告はクリックされやすい傾向にあると思います。

なぜなら、サイトを見ている人が検索をするということは、何か情報を探している時、そして検索結果に表示される広告は、そのキーワードにマッチした広告が表示されるため、クリックを誘いやすいのだと思います。

カスタム検索エンジンは性能が高い

WordPressなど多くのブログでは、標準のサイト内検索機能が提供されています。

しかし、性能だけをとっても、Googleのカスタム検索エンジンの方が優れています。

カスタム検索エンジンでサイト内検索を提供することで、読者にとっても使いやすく、運営者にとっても収入に繋がるという、一石二鳥のサービスなのです。

検索向けアドセンスの設置方法

検索向けアドセンスを設置するには、Google AdSenseの管理画面から、「広告の設定」-「検索向け AdSense」-「カスタム検索エンジン」を開き、「新しいカスタム検索エンジン」ボタンをクリックします。

カスタム検索エンジンの設置

検索対象を自分のサイト内だけにする場合は、検索の対象を「選択するサイトのみ」とし、自サイトのURLを設定します。

カスタム検索エンジンの設定

他に必要な箇所を設定した後、「保存してコードを取得」ボタンをクリックし、取得したコードをサイトに貼り付ければ設置完了です。

複数のサイトを横断する検索も設定できる

検索の対象を「選択するサイトのみ」とし、複数のURLを設定すれば、複数のサイトを横断したサイト内検索を設定できます。

関連サイトなどを運営しているならば、それらのURLを設定しておくことで、検索結果から関連サイトへの誘導にも繋がります。


このページの先頭へ