adstir(アドステア)

adstir(アドステア)

複数のアドネットワークの中から効率的な広告配信により収益の最大化を図る、コンテンツマッチ型アフィリエイト「adstir(アドステア)」。

adstirの特徴や広告の種類、報酬の受取り方などを紹介します。

adstir(アドステア)の特徴

adstir(アドステア)は、ユナイテッド株式会社が運営する広告配信サービスです。

PC・スマートフォン両対応で、複数のアドネットワークの中から効率的な広告配信により収益の最大化を図ります。

複数のアドネットワークで広告収益を最大化

adstirでは、自社のアドネットワーク以外にも、Googleアドセンスi-mobile忍者AdMaxなど、他社アドネットワークも並行して利用することができます。

広告枠にこれら他社アドネットワークを追加設定しておくことで、最も収益の高い広告を自動で配信してくれます。

adstirアドネットワークのみであれば、こんな感じ↓の広告になります。


豊富な広告サイズ

PC広告のサイズ種類

PCバナーのサイズは、300x250, 160x600, 468x60, 728x90, 300x600, 200x200と種類も豊富なので、あらゆるデザインのサイトにも合わせやすいです。

広告精度を高める設定

また、広告枠毎にメディアカテゴリ、ユーザー性別や年齢層、キーワードなどを設定することができるので、狙ったターゲットに近い広告が表示されやすいです。

もちろん、カテゴリー設定やフィルター設定で、アダルト広告などのブロックも可能です。

スマホ広告にも対応

スマホ向け広告

adstirの広告は、スマートフォンにも対応しています。

広告の種類も多く、バナー、アイコンアド、ネイティブアド、インタースティシャル広告が利用できます。

スマホ広告の種類

インタースティシャル広告

インタースティシャル広告とは、ページ遷移時にページとページの間に表示したり、アプリ利用時のデータダウンロード中や終了時に表示するなど、隙間を利用した広告の1種です。

うまく活用することで訴求効果の高い広告表示が可能となりますが、使い方によってはストレスを与えてしまうため、広告の差し込み方に工夫が必要です。

報酬の受取り方

adstirで獲得した報酬は、銀行への現金振込みで受け取ることができます。

報酬の振込先銀行と手数料

報酬の振込先には、全国の銀行を指定することができ、振込手数料は無料です。

振込先銀行振込手数料
楽天銀行無料
住信SBIネット銀行
ジャパンネット銀行
その他銀行

また、複数のASPを利用している場合は、各ASPからの振込手数料をまとめて比較しているので、コチラも参考にどうぞ。

⇛ アフィリエイト報酬の受取りにオススメのネット銀行

adstir(アドステア)の詳細・無料登録

おすすめ度
取扱広告 コンテンツ連動
報酬支払サイクル 月末締め翌々月15日払い
最低支払額 5,000円
運営会社 ユナイテッド株式会社(東証マザーズ
参加団体 -

他のアフィリエイトASPもチェック

アフィリエイト・プログラムのタイプ別にASPを紹介します。


このページの先頭へ